ワークポートのエンジニア転職で年収アップは可能か【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

ワークポートのエンジニア転職で年収アップは可能か知りたい方に。

この記事を読まれている方は、

  • ワークポートのエンジニア転職で年収アップは可能か知りたい
  • ワークポートの特徴について知りたい
  • エンジニアが転職で年収アップさせる方法を知りたい

おそらくこのように考えている方が多いと思います。

この記事を書いている私は、
プログラミング未経験から転職を果たした現役のWeb系エンジニアです。
エンジニア歴は3年ですが、本業とは別にフリーランスの副業で月10万円ほど、多いときで20万円ほどの収入があります。

この記事では、現役のエンジニアが、ワークポートのエンジニア転職で年収アップが可能な理由やワークポートの転職エージェントとしての特徴について解説し、エンジニアが転職で年収アップさせる方法をまとめています。

ワークポートのエンジニア転職で年収アップが可能な理由

ワークポートのエンジニア転職で年収アップが可能な理由

結論から言うと、ワークポートのエンジニア転職で年収アップは可能です。
まずは、その理由を解説していきたいと思います。

良質な非公開求人が多い

ワークポートは転職エージェントですので、もちろんワークポートだけの非公開求人を保有しています。

もとからIT業界やゲーム業界との強いコネクションがあるため、良質な求人案件も独占して多く持っています。

業績の良い企業やベンチャーなど成長性の高い企業まで、待遇の良い企業の求人が多いため、十分に年収アップを狙うことができます。

大手企業の求人もある

ワークポートは大手企業の求人案件を多く保有しています。

例えば、IT業界であればサイバーエージェントやCTCといった東証一部上場企業、ゲーム業界であればSEGAやガンホーといった有名企業に紹介実績があります。

大手企業だからといって年収が必ずしもアップするとは限りませんが、業績が良く、規模が大きい企業が多いことは間違いありません。

キャリアアップできる

ワークポートは総合転職エージェントであるため、様々な職種の求人案件を取り扱っています。

そのため、エンジニアに限らず、一歩先のマネジメント職やWebマーケティングのポジションなどの求人もあり、エンジニアからキャリアアップを目指すことができます。

年収は、このように自身の仕事のレベルを上げていくことによってアップをさせていくこともできます。

ワークポートの特徴

ワークポートの特徴

ワークポートのエンジニア転職で年収アップが可能な理由を解説してきました。
次に、ワークポートの転職エージェントとしての特徴についても解説しておきたいと思います。

別の記事でもサービス内容や評判を解説しています↓

ITに強い転職エージェント

ワークポートは総合転職エージェントですが、創業当時はIT業界やゲーム業界を専門に扱っていました。

そのため、今でもITに強い転職エージェントとして知られ、dodaと並ぶぐらい、エンジニアの求人を多く扱っています。

担当のスキル理解力がないとマッチング精度も下がってしまいますので、エンジニアであればITに強いワークポートをエージェントとして利用することをおすすめします。

求人案件数がかなり多い

ワークポートが保有する求人案件数は常時15,000件を超えており、リクナビやマイナビをも凌駕しています。

求人案件数が多いということは、それだけ自分に合った求人案件を見つけられる確率も上がりますし、内定を獲得できる可能性も高くなります。

中小企業やベンチャー、それから大手まで様々な企業の求人案件を取り揃えていますので、まずはエージェントの担当に希望の条件を伝えてみましょう。

コンシェルジュの手厚い支援

ワークポートの担当は、エージェントとは呼ばずに、コンシェルジュと呼ばれています。

その名のとおり、丁寧で手厚いサポートを提供しており、求人案件の紹介だけでなく、面接対策や書類作成のアドバイスも行っています。

これらは全て無料で利用でき、さらに必要であればエンジニアスクール(無料)でプログラミング学習も行うことができるので、エンジニア転職にピッタリとなっています。

エンジニアが転職で年収アップさせる方法

エンジニアが転職で年収アップさせる方法

以上でワークポートで年収アップが可能な理由とワークポートの転職エージェントとしての特徴を解説してきました。
最後に、エンジニアが転職で年収アップさせる方法をまとめていきたいと思います。

業績の良い企業を狙う

お金を稼ぎたいのであれば、単純にお金をたくさん持っている企業を狙うべきでしょう。

基本的には業績の良い企業で賞与を4ヶ月以上出してくれるような企業の求人案件を狙うと良いでしょう。

ここで賞与を狙う理由は、日本企業で正社員雇用の場合、月給はどこの企業もそこまで大差がないからです。

上流工程や管理職を狙う

テスターやプログラマーといった職業も広義のITエンジニアに含まれると思いますが、このような仕事は下流工程の仕事であり、基本的には単価が低いです。

そのため、上流工程の要件定義や基本設計などを担当できるように、キャリアアップを狙って転職活動をされると良いでしょう。

また、管理職(マネジメント職)になることでも、月給のベースアップを狙うことができるでしょう。

スキルを増やしていく

これは単純にできる仕事を増やしていくということです。

エンジニアは技術職ですので、スキルがないと開発の仕事をしていくことができません。

特にフレームワークやクラウドなどは流行り廃りが激しいので、最新の話題にキャッチアップし積極的に仕事として関わっていく姿勢が大事になります。