ワークポートはエンジニアの転職におすすめ?【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

ワークポートがエンジニアの転職におすすめか知りたい方に。

この記事を読まれている方は、

  • ワークポートの特徴を知りたい
  • エンジニアが転職の際に留意すべき点を知りたい
  • ワークポートがエンジニアの転職におすすめか知りたい

おそらくこのように考えている方が多いと思います。

この記事を書いている私は、
プログラミング未経験から転職を果たした現役のWeb系エンジニアです。
エンジニア歴は3年ですが、本業とは別にフリーランスの副業で月10万円ほど、多いときで20万円ほどの収入があります。

この記事では、現役のエンジニアが、ワークポートの特徴とエンジニアが転職の際に留意すべき点を解説し、ワークポートがエンジニアの転職におすすめな理由をまとめています。

ワークポートの特徴

ワークポートの特徴

結論から言うとワークポートはエンジニアの転職におすすめであると言えます。
その理由を説明すべく、まずはワークポートの特徴から解説していきたいと思います。

別の記事でもサービス内容や評判を解説しています↓

求人案件数が多い

ワークポートの求人案件数はリクナビやマイナビに劣らず、常時15,000件以上あります。
ワークポートは総合転職エージェントのため、様々な職種の求人を取り扱っているので、細かな条件から自分に合う求人を探すことができるでしょう。
累計で50万人以上の方に利用され、17年の実績もあるため、多くの企業から信頼されており、ワークポートだけの非公開案件も多く保有しています。

IT業界に強いエージェント

ワークポートはもともとはIT業界やゲーム業界を専門に扱ってきたため、これらの業界には強いエージェントとなっています。
実際に業界出身のコンサルタントも多く所属していますので、エンジニアの転職には特におすすめと言えます。
企業のホームページには直接掲載されていない求人も多いので、エンジニア転職の際には取りこぼしのないように登録しておくと良いでしょう。

エンジニアスクールなどサービスが充実

ワークポートは単に求人案件を紹介するだけでなく、苦手の方が多い面接の対策や応募書類作成のアドバイスなども行っています。
さらに、未経験者の方向けに、無料のエンジニアスクールも開いていますので、スキルを磨いてからエンジニアへ転職することも可能です。
他のエージェントではプログラミングスクールと提携していても有料であることがほとんどのため、費用を気にされる方には間違いなくおすすめのエージェントと言えるでしょう。

エンジニアが転職の際に留意すべき点

エンジニアが転職の際に留意すべき点

ワークポートの特徴を主にエンジニア転職の視点から見てきました。
次に、エンジニアが転職の際に留意すべき点ついても解説をしておきたいと思います。

SESは避けるべき

エンジニアの働き方には、会社に所属しておきながら客先に常駐して仕事をするSESという働き方が多いです。
SESでは、プロジェクトの管理は客先で行われ、自分ができる仕事の幅も制限されているため、キャリアアップができない環境であることが多いので、あまりおすすめはしません。
フリーランスとして独立するのであればこの働き方は一般的ですが、正社員ならば、社内で開発できるポジションを探してみましょう。

業績の良い企業を探すべき

エンジニアが転職をする理由の多くはおそらく年収アップでしょう。
しかし、どこの企業にいっても月収はたいして差がないため、賞与が多く出る業績の良い企業を狙ってましょう。
基本的には大手企業が多いですが、大手企業でも中小企業並みの賞与の低いところもあるので、前年度実績や今後の成長性をきちんと確認して探されると良いでしょう。

安定性を求めるなら自社開発

エンジニアの中には、1社のために腰を据えて情報システムの企画や開発を行っていきたいという方も多くいます。
実際に、自分の所属する会社のために社内で働く方が稼ぎも安定しますし、なにより自分のキャリアをそこで確立することができます。
経験がある方は、ぜひ自社開発を行っている企業や大手企業の社内SEなどのポジションを探してみると良いでしょう。

ワークポートがエンジニアの転職におすすめな理由

ワークポートがエンジニアの転職におすすめな理由

ここまででワークポートの特徴とエンジニアが転職の際に留意すべき点を解説してきました。
これらを踏まえ、最後に、ワークポートがエンジニアの転職におすすめな理由をまとめていきます。

IT業界との強いコネクション

ワークポートはIT業界やゲーム業界と強いコネクションがあるため、エンジニアの転職には強くおすすめできます。
エンジニアの市場は現在、売り手市場ではありますが、求人案件数は多いに越したことはありませんので、たくさんある求人から自分に合うものを選ぶと良いと思います。
数がたくさんあってもSESなどの求人が多くを占めているので、これでも意外と少ないことに気がつくと思います。

IT業界やゲーム業界の大手企業の求人も多い

ワークポートにはIT業界やゲーム業界の大手企業の求人案件も多く集まっています。
例えば、ゲーム業界ではセガやガンホーといった有名企業、IT業界ではサイバーエージェントやCTCといった東証一部上場企業の求人案件があります。
新卒で入ろうとすると難しい会社も、中途では難易度が下がりますので、経験がある方はぜひワークポートでチャンスをつかんでみましょう。

業界未経験からでもエンジニアの転職ができる

エンジニアの求人案件はスキルが求められるものが多いので、未経験者には不向きなものが多いです。
しかし、ワークポートでは未経験者向けの求人もあるうえに、無料のエンジニアスクールが利用できるので、未経験者にも十分にチャンスがあります。
無料で学べるスクールはほとんどありませんので、学習も検討されていた方には、ワークポートはおすすめのエージェントと言えます。