ワークポートで未経験からエンジニアへ転職できる?【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

ワークポートで未経験からエンジニアへ転職できるか知りたい方に。

この記事を読まれている方は、

  • ワークポートが扱う求人について知りたい
  • ワークポートの特徴について知りたい
  • 未経験者がエンジニアに転職する方法を知りたい

おそらくこのように考えている方が多いと思います。

この記事を書いている私は、
プログラミング未経験から転職を果たした現役のWeb系エンジニアです。
エンジニア歴は3年ですが、本業とは別にフリーランスの副業で月10万円ほど、多いときで20万円ほどの収入があります。

この記事では、現役のエンジニアが、転職エージェントのワークポートの特徴や扱っている求人について解説し、未経験者がエンジニアに転職する方法をまとめています。

ワークポートの特徴

ワークポートの特徴

結論から言うと、ワークポートを利用することで未経験からエンジニアへ転職することが可能です。
その理由を説明すべく、まずはワークポートの特徴から解説していきたいと思います。

別の記事でもサービス内容や評判を解説しています↓

求人数が多い

ワークポートの保有する求人案件数は常時15,000件を超えており、リクナビやマイナビにも劣らない紹介実績となっています。

ワークポートは総合転職エージェントのため、この数字はエンジニア以外の求人数も含まれていますが、もともとはITが専門であったため、ITの求人数がこの中の多くを占めています。

いくら売り手市場とはいえども、たくさん求人数がある方が選択の幅も広がりますし、内定の可能性も高くなるため、転職するには魅力的なエージェントの一つであるといえるでしょう。

無料のエンジニアスクールがある

ワークポートの最大の魅力はなんといっても、未経験者の方が無料で利用することができる「みんスク」と呼ばれるエンジニアスクールがあることでしょう。

他のエージェントでもスクールを開講しているところも一部ではありますが、費用がかかることが一般的です。

ワークポートのエンジニアスクールでは、無料で利用できるうえに、働きながらでも参加ができるので異業種から未経験でエンジニアに転職されたい方におすすめとなっています。

手厚いエージェントサービスがある

ワークポートは転職エージェントですが、単に求人案件を紹介するだけでなく、転職支援も行ってくれます。

例えば、苦手意識のある方が多い面接の対策や応募書類作成のアドバイスなども行ってくれるので、転職が初めての方にも最適です。

ワークポートではエージェントサービスとは言わず、コンシェルジュと呼んでいるのも、丁寧で手厚いサポートを心がけている気持ちの表れですね。

ワークポートの扱う求人

ワークポートの扱う求人

ワークポートは未経験者に適したエージェントであることを確認してきました。
次に、ワークポートの扱う求人についても解説をしておきたいと思います。

IT業界に強い

ワークポートは創業当時はITを専門に扱ってきただけあって、今でもIT業界やゲーム業界に強いです。

例えば、ゲーム業界ではセガやガンホー、カプコムといった有名企業に、IT業界ではサイバーエージェントやCTCといった東証一部上場の企業に紹介実績があります。

もちろん現在は総合転職エージェントのため、IT業界やゲーム業界以外の求人案件も保有していますので、自分に合ったキャリアを選択することができます。

大手企業の求人あり

ワークポートには先ほど紹介したような有名な大手企業の求人案件が豊富にあります。

例えば、CTCは伊藤忠系で安定した経営基盤であり、サイバーエージェントは広告事業やAbemaTVなどで強い影響力を持っています。

このような企業では将来のキャリアも築きやすいので、積極的に求人を紹介してもらい、アプローチをされると良いでしょう。

SES以外の求人も取れる

未経験者が取れる求人案件というとSES企業の求人がやはり最も多いです。

SES企業とは、自社の要員を一定の期間、顧客企業の開発現場などに提供する事業を行っている企業のことです。

SESの求人ではプロジェクトが全て顧客の管理下にあり、できる仕事も制限されているため、キャリアアップを実現しにくい環境であることがほとんどです。

しかし、ワークポートには未経験者向けにSIerの求人案件も多くあるため、SES企業以外の求人案件も十分に狙うことができます。

未経験者がエンジニアに転職する方法

未経験者がエンジニアに転職する方法

以上でワークポートの特徴と扱っている求人について解説し、ワークポートが未経験からエンジニアへの転職に役立つエージェントであることを見てきました。
最後に、未経験者がエンジニアに転職する方法をまとめたいと思います。

①コンシェルジュ相談

未経験者がエンジニアになるためには、転職エージェントとしてワークポートを利用することが最も好ましい選択となるでしょう。

エンジニアスクールに行く必要のある方もいれば、ある程度の前提知識や業務の中での簡単なプログラミングの経験のある方であれば、そのまま転職できる方もいるでしょう。

各人によって学習の要否は異なってきますので、まずはワークポートのコンシェルジュに相談をしてみると良いと思います。

②プログラミング学習

ワークポートのコンシェルジュに相談した結果、エンジニアスクールに行くことを勧められたら、転職活動前にプログラミング学習をしましょう。

エンジニアは技術職のため、未経験者枠であっても、やはりスキルや素質があることが重視されます。

ワークポートのエンジニアスクールである「みんスク」は無料で利用できるので、未経験者がこれを利用しない理由はないと思います。

③転職の支援を受ける

ワークポートでプログラミングを学んだ後は、いよいよ転職活動を始めることができます。

面接対策や書類作成のアドバイスなどを受けられるため、未経験者や初めて転職をされる方も安心して利用できます。

もちろんこの転職の支援も無料で受けることができますので、ワークポートは未経験からエンジニアへの転職をされたい方にはおすすめのエージェントと言えるでしょう。