WindowsでのWeb開発でよくある環境【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

今回は、WindowsでのWeb開発でよくある環境について、現場の視点で簡単に解説していきます。

仮想化なし

仮想化なしでミドルウェアを入れる方もいるとは思います。

Windowsで手っ取り早くWeb開発するには、この方法が最も簡単です。

ただし、本番環境のOSが異なる場合には、検証には使えない点がデメリットになります。

Vagrant+VirtualBox

VirtualBoxを使えばWindows上で別のOSの環境を作れます。

VagrantはVirtualBoxを操作するためのもので二つを一緒に使います。

しかし、VirtualBoxはホスト型仮想化のため、Web開発で動かす度に重くなってしまいます。

WSL2+Docker

WSL2ではWindows上でLinuxを動作させられます。

WSL2があればDockerを使ったLinux環境の構築もできます。

WSL2ではVirtualBoxとは異なり、動作が高速のため、最近おすすめのWeb開発の環境です。