未経験からWeb系エンジニアに転職できる?【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

未経験からWeb系エンジニアに転職できるか知りたい方に。

この記事を読まれている方は、

  • 未経験からWeb系エンジニアに転職できるか知りたい
  • Web系エンジニアがおすすめの理由を知りたい
  • Web系エンジニアになるための道筋を知りたい

おそらくこのように考えている方が多いと思います。

この記事を書いている私は、
プログラミング未経験から転職を果たした現役のWeb系エンジニアです。
エンジニア歴は3年ですが、本業とは別にフリーランスの副業で月10万円ほど、多いときで20万円ほどの収入があります。

この記事では、現役のエンジニアが、未経験からWeb系エンジニアに転職できる理由を解説し、Web系エンジニアがおすすめの理由とWeb系エンジニアになるための道筋をまとめています。

未経験からWeb系エンジニアに転職できる理由

未経験からWeb系エンジニアに転職できる理由

結論から言うと、未経験からでもWeb系エンジニアなることは可能です。
その理由を3つほど挙げ、解説していきます。

学習難易度が低めの言語が多い

Web系エンジニアは、Web系とされているプログラミング言語を使って開発を行っていきます。

Web系のプログラミング言語では、主にPHPやRuby、JavaやC#が開発言語として採用されることが多いです。

これらの言語のうち、PHPとRubyに関しては、比較的学習難易度が低めの言語とされています。
その理由としては、PHPとRubyはプログラム自体が書きやすいように設計されているということもありますし、スクリプト言語のため、コンパイルという中間言語に変換する面倒な作業も不要ということも挙げられます。

PHPとRubyは、学習難易度は低いものの、実践的にもバリバリ使えていける機能性や拡張性がある言語のため、Web系の言語の中でも、特に人気な言語となっています。

RubyにはRuby on Railsという強力なフレームワークが、PHPにはLaravelというRuby on Railsと同じようなフレームワークが存在しますので、チーム開発でも広く利用されているので、第一の言語としてはおすすめの言語です。

HTMLやCSS、PHPは馴染み深い

読者のみなさんも普段どこかしらのウェブサイトを見られていると思いますし、なかには自分でホームページを作ったことがある経験をお持ちの方も多いと思います。

例えば、ブログをやったことがある方もいると思いますが、ページ(画面)を作るためにHTMLやCSS(スタイルシート)を使いましたよね?
エンジニアとして画面を作っていく際にも、同じようにこの二つを使って行くことになりますので、延長線上の知識で作ることができ、ハードルもかなり低くなっています。

その他WordPressなどを使ったことがある方は、PHPにも若干触れた方もいると思います。
多くのレンタルサーバーでは、プログラミング言語としてPHPが対応していることもあり、プロだけでなく、アマチュアの方でもPHPは非常によく使われています。
そのため、ネット上でもサンプル数が豊富なため、プログラミング言語としてはPHPが最も難易度が低いとされています。

IT業界は人手不足の業界

IT業界は今、人手不足の業界と言われています。

これにはもちろんAI化の流れもありますが、もっと言えば、世の中に効率化できる余地がまだまだたくさんあり、なおかつ販路やビジネスチャンスの拡大のためのWebサービスの開発の需要があるからです。

人手不足の業界では、求職者数よりも求人数の方が多い状態ですので、激しくえり好みをしない限り就職は可能ということになります。

ただ、いくら人手不足だからといっても、プログラミングスキルやそのセンスが全くないと採用には至りませんので、わかっているとは思いますが、ある程度の努力はどうしても必要になってきます。

Web系エンジニアがおすすめの理由

Web系エンジニアがおすすめの理由

次に、Web系エンジニアがおすすめの理由を3つほど挙げて、解説したいと思います。

案件数が豊富

エンジニア向けの案件の中でも、Web系の案件は他のジャンルに比べて、かなり多めです。

Web系が好まれる理由は、開発したサービスを色々な人に広く使ってもらうことができるということもありますし、社内向けのシステムなどでは、サーバーにソースをあげるだけで動作するため、メンテナンス性もよく、導入のコストも低く抑えられるからです。

あとは、先程もお話しましたが、Web系の言語は比較的学習難易度が低いものが多いため、開発要員を集めやすいということも、案件数が多くなっている一因となっています。

Web系と対照的なアプリ系の開発でも、データベースの操作などでWebAPIを利用することが大半なので、Web系と深く関わっていきます。

結局、多くのアプリケーションやシステムでWeb系が絡んでくるため、Web系の案件数はとても多くなっているのです。

副業向けの案件数も多い

前述の案件数とは、主にBtoB向けのSESや受託開発案件のお話でしたが、クラウドワークスやランサーズなどのクラウドソーシングサイトでもWeb系の案件は突出して多くなっていますので、フリーの方や副業で仕事をされたい方にもWeb系はおすすめとなっています。

今後ますます法人ではなく、個人に仕事を発注する流れは加速していくと思われますので、Web系はよりいっそう発展していくことになると思います。

ただ、個人向けの場合はレベルが高くないと単価が低くなってしまうため、最初のうちはいきなりフリーランスを目指すのではなく、一旦はWeb系の企業やSIerに就職して知識や経験を積むことをおすすめします。

様々な知識を身につけることができる

Web系は、他のジャンルとは少し異なり、Web通信の仕組みなどを知っておかないといけません。

簡単に言うと、クライアントがWebサーバーに対しリクエストを行って、Webサーバーはリクエストに応えた処理を行いレスポンスデータを返すという流れになるのですが、Web系以外のエンジニアの方はなかなかこの仕組みを理解することに苦しむ方が多いようです。

逆にWeb系から他のジャンルのエンジニアになる場合はさほど苦労しないことが多いです。

その理由は、Web系ではデータベース操作はもちろん、他システムとの連携もさかんですし、Webサーバーを立てたり、ドメイン取得やネットワーク設定をしないと動かないのでインフラの構築の技術なども身につくからです。

そのため、Web系からWeb系でないエンジニアに移る際は、一度経験したものが多いため、比較的楽に転向することができます。

若いうちは様々な知識を身につけることがベストだと思いますので、最初の職業としてWeb系エンジニアはおすすめの職になります。

Web系エンジニアになるための道筋

Web系エンジニアになるための道筋を知りたい

最後に、未経験の方がWeb系エンジニアになるための道筋・方法を3つにまとめてみました。いずれか自分の合った方法を選んでみて下さい。

未経験のまま企業に就職する

Web系エンジニアの職種で未経験の方を募集している企業はそこそこあります。ただし、上場企業ではなく、人材が集まりにくい中小企業が中心ですが、一応何の実績がなくても、こういうところに就職して、実践的なスキルを身につけながら仕事をしていくことは可能です。

しかしこの場合は、待遇面で給料がかなり低かったり、SESであれば常駐先がなかなか決まらず、会社のお荷物と化してしまう可能性が高いので、好条件の企業やポストを求める方は、未経験のままの就職は避けるべきでしょう。

自分でWebサービスを開発して実績を作ってから就職する

ある程度の好条件の企業やポストを求める方は、就職活動を行う前に、自分で一からWebサービスを開発して、実績を作ってから就職活動を行うと良いでしょう。

自分で開発したWebオリジナルサービスは、ポートフォリオに載せることができるため、就職活動で実務経験として評価されるからです。

そのため、独学でも吸収していける自信のある方はどんどん自分でオリジナルサービスを開発していくといいですが、もしどう開発して良いのかわからなかったり、不安を感じるような場合には後述するプログラミングスクールを利用されると良いと思います。

プログラミングスクールでは、Webオリジナルサービスの開発を支援してくれるところが多く、さらに就職そのものの支援もしてくれるところが多いからです。

プログラミングスクールに通って就職する

プログラミングスクールでは、蓄積された確かな教育のノウハウと現役エンジニアの講師陣による個別指導によって、効率的かつ最短でプログラミングスキルを習得することが可能です。

プログラミングスクールは従来の教室型のところも多いですが、最近ではオンライン型も多くなってきているので、自宅でも時間を選ばずに学ぶことができるようになっています。

また、プログラミングスキルの習得だけでなく、前述したように、Webオリジナルサービスの開発も支援してくれるので、好条件の待遇の企業への就職を狙うことも可能です。

心配な方には転職保証があるスクールさえもあります。
別の記事でプログラミングスクールについては解説していますので、興味があればご参考にして下さい。