Webエンジニアの在宅勤務のメリット【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

今回は、Webエンジニアの在宅勤務のメリットについて、実体験をもとに簡単に解説していきます。

通勤時間をなくせる

在宅勤務によって通勤を撤廃できます。

最大で1日数時間の時間をセーブできます。

また、人混みのストレスからも解放されます。

睡眠も長く取れるので健康的な生活も送れます。

もちろん通勤時間を読書や勉強に使っている方もいるかもしれませんが、完全に自由な時間になるため、より用途を広げることができます。

自分のペースで仕事ができる

在宅勤務では自分のペースで仕事ができます。

ただし、監視されている場合はこの限りではありません。

在宅勤務では家事や育児をしながら仕事をすることもできます。

実際に筆者の職場でも小さい子のいる女性が在宅勤務をしています。

あまり大きな声では言えませんが、仕事さえすれば、余った時間を別のことに使うこともできます。

無駄なコミュニケーションを減らせる

会社に行くと雑談等の人付き合いが発生します。

たしかに中には有益なものもありますが、無駄なものも多いでしょう。

在宅勤務にすることで、これらの無駄なコミュニケーションを減らすことができます。

これにより、仕事に集中することができるようになり、この観点では生産性も上がります。

しかし、在宅勤務では指導や情報交換がしづらくなるため、完全在宅勤務の職場は現実的には少なくなっています。