WebエンジニアがWindowsで開発しても良い理由【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

今回は、WebエンジニアがWindowsで開発しても良い理由について、実体験をもとに簡単に解説していきます。

多方面で使いやすい

WebエンジニアでMacを使う人は多いです。

とはいえ、Macでは動かないソフトが多いです。

また、OfficeはMacでも動きますが、Windowsほど操作性には優れません。

MacはLinuxに似ている点から開発環境におすすめはできますが、その他の点を考慮すると微妙です。

普段、Macを使っているならともかくとして、あえてWindows使いの方がMacに切り替える積極的な理由はないと思います。

WindowsにもXAMPPがある

MacはLinuxに似ていることから開発環境におすすめです。

ただし、Windowsでも開発環境を作ることはもちろん可能です。

WindowsにもXAMPPというパッケージがあり、Web系の開発環境を作れます。

Macほど本番環境に似てはいませんが、Macも本番環境とは違いがあります。

したがって、どちらを使っても目的の開発はできる一方で、別に本番環境を作らないといけないことになります。

最終的にはLAMP環境となる

MacにはMAMP、WindowsにはXAMPPがあります。

これらでMacとWindowsそれぞれのWeb系の開発環境を構築します。

しかし、本番環境はたいていのケースでは、LAMP環境となります。

そのため、Macで開発環境を作ろうと、Windowsで作ろうとあまり変わらないのです。

最初からWindowsやMacに環境を作らず、仮想環境でLAMP環境を作ってそこで開発する方が良いとさえ言えます。