WebエンジニアとWebプログラマの違い【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

今回は、WebエンジニアとWebプログラマの違いについて、実体験をもとに簡単に解説していきます。

Webエンジニア

WebエンジニアはWebシステムやサービスの開発の全てを担当します。

プログラミングはもちろん、その前の設計やその後のテストの工程も担当します。

ただし、一つのプロジェクトで全工程を担当するのではなく、チームによって担当工程は変動します。

Webエンジニアを経験した後には、マネジメント職につく方が多いですが、そのまま技術者を貫く方もいます。

Webエンジニアになるには、プログラミングスキルが必須のため、Webプログラマの数年の経験が前提となることが多いです。

Webプログラマ

WebプログラマはWebシステムやサービスの開発のうち、プログラミングを担当します。

Webエンジニアは開発の全工程を担当しますが、Webプログラマはあくまでプログラミングのみです。

ただし、所属する企業によっては、肩書きがプログラマでも設計やテストを担当することもあります。

エンジニアの肩書きに関しても広義で使われることが多いため、実際にはプログラミングのみということもあります。

Webプログラマには未経験からなることも可能で、WebプログラマからはWebエンジニアにキャリアチェンジできるケースが多いです。

Webデザイナー

WebエンジニアやWebプログラマに似たものにWebデザイナーがあります。

WebデザイナーはWebサイトの開発のうち、フロントエンドの開発を担当します。

フロントエンドとは、言語で言えば、HTMLとCSS、JavaScriptであり、見た目の部分となります。

Webシステムやサービスではなく、どちらかと言えば、Webサイトのデザインを任されることがほとんどです。

最近では、WordPressを使ってホームページをデザインし、作成されているような方をWebデザイナーと呼びます。