Webエンジニアに最低限必要なツール【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

今回は、Webエンジニアに最低限必要なツールについて、実体験をもとに簡単に解説していきます。

WinSCP

WinSCPはコンピュータ間でファイル転送を行うためのソフトです。

Webエンジニアはサーバとファイルを転送するためにこのソフトをよく使います。

WinSCPの使い方は、通常、SFTPやSCPプロトコルでサーバと暗号化通信してファイル転送します。

Windowsに対してはリモートデスクトップでファイル転送しますが、Linuxに対してはSSHでファイル転送します。

ほとんどのWeb系のサーバはLinux環境で動いているので、WebエンジニアにはWinSCPのようなソフトが必須となります。

Tera Term

Tera Termはターミナルエミュレータです。

Webエンジニアの場合、主にLinuxのサーバを遠隔で操作する場合に使います。

物理的に近くにサーバがあっても、クライアントからTera Termを使って操作するケースが多いです。

なぜなら、調べものをしながら操作したり、そのままコマンドを貼り付けたりすることができるからです。

LinuxのWebサーバに対しては、WinSCPと同様に、クライアントからSSHで接続して、遠隔で操作する形となります。

テキストエディタ

Webエンジニアのコーディングに必須のものがテキストエディタです。

最近人気のエディタは、Visual Studio CodeやAtom、秀丸エディタです。

Microsoftが開発しているということから、特にVisual Studio Codeがよく使われています。

もちろんWindowsに標準でインストールされているような一般的なメモ帳でも良いのですが、使い勝手が悪いです。

実際、ほとんどのWebエンジニアが、プリインストールされているエディタ以外をインストールし、コーディングに使っています。