Webエンジニアに向いている人の特徴【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

今回は、Webエンジニアに向いている人の特徴について、実体験をもとに簡単に解説していきます。

流行を追うタイプ

Web系の技術は流行り廃りが激しいです。

そのため、日頃の技術のキャッチアップが重要となってきます。

特に新しいもの好きや流行を追うタイプの方には向いていると言えます。

なぜなら、プライベートの時間をある程度費やしてでも学習する必要があるからです。

それを趣味と同じレベルで行える方であれば、自然と最新のWeb技術が身につくため、有利です。

学習が苦ではないタイプ

Web系は開発言語が多いです。

具体的にはHTMLとCSS、JavaScript、PHP(Java、Ruby等)、SQLです。

他の分野よりも学習する言語の量が絶対的に多いため、学習が苦手な人には厳しいです。

目標のためであれば学習は苦ではないという方にとってはWeb系を選んでも問題はないでしょう。

ベースの学習以外にも、常に技術を最新のものにしていく必要があるため、ずっと学ばなければいけないということにも留意すべきです。

ホームページを作ることが好きなタイプ

ホームページを作ることが好きな方にはWeb系はおすすめです。

ホームページが作れるということはHTMLとCSSを既に習得できているからです。

さらに動的なサイトを作れる方であれば、JavaScriptやPHP(Java、Ruby等)もできるため、より有利でしょう。

実際に筆者の場合も、幼少期にホームページを作成していたことから、スムーズに未経験からWeb系に参入できました。

WebエンジニアでもバックエンドであればHTMLとCSS、JavaScriptは関係ありませんが、通常、最初はフロントエンドから担当することになるため、必須の知識となることが多いです。