Webエンジニアにはサーバーサイドがおすすめの理由【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

今回は、Webエンジニアにはサーバーサイドがおすすめの理由について、実体験をもとに簡単に解説していきます。

顧客の価値観に流されない

クライアントサイドはHTMLやCSSの仕事がメインです。

これらは主にデザインの仕事となるため、顧客の価値観に左右されます。

悪い顧客に遭うと、最初に言っていたことと要望が変わることさえもあります。

そうでなくても、顧客の希望するデザインをWebページ上に正確に実現することは難しいです。

一方、サーバーサイドは機能だけの実装となるため、顧客の価値観とは無縁となり、仕事がしやすいです。

デザインスキルが求められない

サーバーサイドの仕事にはデザインは不要です。

デザインセンスのないエンジニアにとってはサーバーサイドはかなりおすすめです。

ただし、データベースやトラフィック調整等、サーバーサイドにしかない仕事は追加されます。

デザインが得意な人にはクライアントサイド、そうでない方にはサーバーサイドが向いています。

とはいえ、初期のWebエンジニアにはどちらもできることが期待されているため、早期にサーバーサイドに移行することを目指しましょう。

クライアントサイドよりも単価が高い

サーバーサイドの仕事はクライアントサイドの仕事よりも単価が高いです。

主な理由は、サーバーサイドの方がプログラミング等、難易度が高いためです。

一方で、クライアントサイドはプログラミング無しで作れるため、障壁が低いです。

もちろんクライアントサイドでもJavaScriptになると、少し単価は上がっていきます。

しかし、サーバーサイドの方が誰でもできる仕事が減ってくるため、基本的には単価が高くなっていきます。