Webエンジニアのプログラミングの特徴【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

今回は、Webエンジニアのプログラミングの特徴について、実体験をもとに簡単に解説していきます。

フレームワークを使う

Web系の開発ではほぼフレームワークを使います。

フレームワーク無しの開発は現場ではほとんどありません。

主な理由としてはチーム開発とMVCモデルが採用されることが多いからです。

最近のフレームワークでは、このMVCモデルに特化したものが多くなっています。

例えば、PHPのLaravelやRubyのRuby on Rails等はMVCフレームワークとなっています。

プログラムの中でプログラムを書く

Web系の開発ではフロントエンドとバックエンドのプログラミングが必要です。

バックエンドではJavaやPHP、Ruby、Pythonといった言語が主に使われています。

一方のフロントエンドでは実質JavaScriptという言語のみが使われている状況です。

フロントエンドのプログラムはブラウザで、バックエンドのプログラムはサーバ側で動作します。

このとき、サーバ側のプログラムの中でフロントエンドのプログラムを出力するというケースが多く、混同しやすいです。

WebAPIの利用や開発を行う案件が多い

Web系ではWebAPIというものが頻出します。

WebAPIとは、Web上で動作するアプリケーションのインターフェースのことです。

Web上に窓口を設けることによって、処理を行い、結果を返すことができるのです。

Web系の案件では、このWebAPIを利用することや開発することがしばしば求められます。

WebAPIは完全にフロントエンドがないため、ここではバックエンドの処理のみを実装すれば良いです。