Webエンジニアが使うプログラミング言語【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

今回は、Webエンジニアが使うプログラミング言語について、実体験をもとに簡単に解説していきます。

バックエンドの言語

バックエンド開発ではJavaやPHPがよく使われます。

これらの言語の他には、RubyやPython、C#等があります。

いずれもWeb系のサーバ側のプログラムを組むことができます。

たいていの場合はフレームワークというものを使うことになります。

例えば、JavaにはStruts等、PHPにはLaravel等のフレームワークがあります。

フロントエンドの言語

フロントエンド開発ではJavaScriptが使われます。

その拡張言語のTypeScript等が代わりに使われることもあります。

ただし、最終的にブラウザで動作する際は全てがJavaScriptになります。

JavaScriptに関してもほとんどの開発でフレームワークが使われています。

例えば、Vue.jsやReact、AngularJSといったフレームワークがよく使われています。

プログラミング言語ではない言語

フロントエンドのHTMLとCSSはプログラミング言語ではありません。

前者はマークアップ言語、後者はスタイルシート言語と呼ばれています。

また、バックエンドのデータベースの言語のSQLもプログラミング言語ではありません。

SQLは構造化問い合わせ言語であり、リレーショナルデータベースを操作するための言語です。

これらはプログラミング言語ではないですが、Web系の開発に必要不可欠な言語であることは間違いありません。