未経験でもWebエンジニアへの転職でポートフォリオが必要な理由【現役SE解説】

PROGRAM

今回は、未経験でもWebエンジニアへの転職でポートフォリオが必要な理由について、実体験をもとに簡単に解説していきます。

適性の確認

プログラミングは適性が重要です。

プログラムを見るだけで拒絶反応が出る人も多いからです。

そういう方の足切りのために、ポートフォリオを求める企業もあります。

この場合はプログラミング経験があるかどうかが大事で、中身はそこまで重視されません。

適性は履歴書と面接だけではわかりづらいので、ポートフォリオがあると判断に役立つというわけです。

実践的スキルの確認

ポートフォリオがあれば開発する能力があることを証明できます。

逆に、作品がないのに勉強したと言っても、その証明が何一つありません。

会社としては即戦力の人材が欲しいため、この実践的スキルをとても評価します。

特に一人で開発した作品があれば、どの工程でも戦力となれるため高評価を得られます。

一人でのWebサービスの開発が難しいという方の中には、プログラミングスクールで作品を作る方も多いです。

メンタルの強さの確認

一つの開発を完遂するには意志の強さが必須です。

開発をしたことがない方だと途中で挫折する可能性が高いです。

一方で、ポートフォリオのある方であれば、開発がどんなものかを知ったうえで応募しています。

開発では、最後まで続けるメンタルの強さが求められるので、企業はポートフォリオを重視します。

実際の開発では期間が数年規模のプロジェクトもあるため、この貫徹させる能力は非常に重要となります。