WebエンジニアになるにはPHPとRubyのどちらを勉強すべきか

PROGRAM

今回は、WebエンジニアになるにはPHPとRubyのどちらを勉強すべきかについて、実体験をもとに簡単に解説していきます。

企業に合わせるべき

就職したい企業が決まっているなら、その企業が使っている言語を選ぶべきです。

スタートアップの企業はRubyを採用している企業が多く、その他の企業はPHPの方が多いです。

採用企業数で言うのであれば、Web系の開発言語では、Javaを採用している企業が最も多いです。

しかし、初心者にとっては動的型付け言語であるPHPやRubyの方が簡単に書けるのでおすすめです。

就職したい企業が決まっていない場合でも、興味のある企業の求人を見て、言語を決めると良いと思います。

フレームワーク重視ならRuby

現在では、ほとんどの企業がフレームワークを使って開発を行います。

フレームワークは例えば、RubyにはRuby on Rails、PHPにはLaravel等があります。

フレームワークを重視するのであれば、PHPよりもRubyを選んだ方が良いと言えるでしょう。

主な理由としては、PHPには複数のフレームワークがあるのに対し、Rubyには実質Ruby on Railsしかないからです。

その他の理由としては、Ruby on Railsの方がネットに情報が多くあるため、初心者が学ぶ際の苦労もいくらか軽減されることが挙げられます。

需要の安定性を考えるならPHP

PHPの方がRubyよりも案件数は多いです。

もちろんJavaの案件が最も多いですが、初学者は無理にJavaを選ぶ必要はありません。

平均年収については、PHPとRubyでの比較であれば、Rubyの方が高めの傾向はあります。

したがって、将来、安定して仕事をしたいと考えている方は、PHPを選択しておいた方が良いでしょう。

一方で、安定性よりも新規事業の立ち上げに携わりたいと考えている方にはRubyを選ぶと相性が良いと思います。