WebエンジニアにとってのMacの必要性【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

今回は、WebエンジニアにとってのMacの必要性について、実体験をもとに簡単に解説していきます。

Macは情報が多い

Webエンジニアの多くはMacを使っています。

そのため、Web系の情報はMac環境下の情報が多くなっています。

環境で苦労したくないのでしたら、周りと同じMacを使うと良いでしょう。

とはいえ、流行りと情報が多いという以外には特にMacがおすすめの理由はありません。

現在Windowsやその他のOSで満足している方はあえてMacを購入する必要はないでしょう。

どうせLinuxを使う

Web系の本番環境はたいていの場合はLinuxです。

どうせLinuxになるのでしたら、MacでもWindowsでも関係がありません。

WindowsやMacを使わず、最初からLinuxで開発される方もいるくらいです。

ただし、MacはUNIX系なので、Linuxに環境が似ているという優位性はたしかにあります。

とはいっても、コマンド程度の違いでしかないため、Macでないとダメというほどではありません。

Windowsでも仕事はできる

Windowsでも、例えばPHPでしたら、XAMPP環境で開発できます。

実際に筆者はMacを持っていますが、メインではWindowsを使っています。

ある程度慣れてくれば、Macでないことを悔いるシーンは全くありません。

壁に全く直面したくない初心者の方でしたら、Macを使った方が良いのかもしれません。

しかし、初心者のうちは色々と問題に当たった方が良いので、結論、OSにこだわる必要はないと思います。