Webエンジニアに必要な言語【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

今回は、Webエンジニアに必要な言語について、実体験をもとに簡単に解説していきます。

フロントエンドの言語

フロントエンドの言語とは、ブラウザ側で動く言語のことです。

フロントエンドの言語には、HTMLやCSS、JavaScriptがあります。

HTMLとはWebページを作成するために必要なマークアップ言語です。

CSSはHTMLで配置した要素を装飾し、JavaScriptはWebページに動きを付ける言語です。

一般的にプログラミング言語と呼ばれるのはJavaScriptのみで、関連の仕事は単価も高めとなっています。

バックエンドの言語

バックエンドの言語とは、Webサーバ側で動く言語のことです。

バックエンドの言語には、PHPやJava、Ruby、Python等があります。

いずれの言語にも同じ働きがあり、Webアプリケーションでコアとなる機能を開発することができます。

バックエンドの言語の市場占有度としてはJavaが首位、次にPHPとなっており、RubyとPython等は少数派となっています。

Javaは大手のシステムでよく使われているため、安定して案件があり、なおかつ単価も比較的高めとなっている言語です。

DBの言語

データベース、略してDB、を操作するための言語にSQLというものがあります。

SQLはSQL ServerやOracle Database、MySQL等のDBの種類により、若干書き方が変わります。

SQLは単独で使うというよりかは、バックエンドの言語と一緒に使って開発をすることが多いです。

DBを使わない開発案件はほとんどないため、SQLを扱えない場合、参加できるプロジェクトは限られてしまいます。

最近では、MVCフレームワークでSQLの知識があまりなくても、DBを扱えてしまいますが、それでも最低限の知識は求められます。