Webエンジニアが学ぶべき言語の順番【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

今回は、Webエンジニアが学ぶべき言語の順番について、実体験をもとに簡単に解説していきます。

HTMLとCSS、JavaScript

まずはフロントエンドの言語を学びましょう。

フロントエンドの言語はHTMLとCSS、JavaScriptです。

この中でも真っ先にHTMLを学び、画面を作れるようにしましょう。

次にCSSを学び、単調な画面の要素を装飾できるようにしていきます。

その後でJavaScriptを学び、プログラムで動的な仕掛けを作れるようにします。

PHPやRuby等

次にバックエンドのプログラミング言語を学んでいきましょう。

この言語の中にはPHPやRubyをはじめ、PythonやJava等があります。

このうち、初心者の学習におすすめできる言語はPHPもしくはRubyとなります。

バックエンドのプログラミング言語を学ぶことでフロントエンドでは実装できない処理を実装できます。

また、できれば、PHPであればLaravel、RubyであればRuby on Railsといったフレームワークも学ぶと良いでしょう。

SQL

さらにデータベースの言語も学びましょう。

ほとんどのWebアプリではデータベースを使うからです。

データベースを使うことで、データの保存ができるようになります。

データベースの言語には主にSQLがあり、リレーショナルデータベースの操作で使われます。

SQLを学ぶことで、例えば、SQL ServerやOracle Database、MySQL、PostgreSQL等を使えるようになります。