未経験者のWebエンジニアへの転職方法【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

今回は、未経験者のWebエンジニアへの転職方法について、実体験をもとに簡単に解説していきます。

スキルを身につける

Webエンジニアへ転職するにはスキルが必須です。

未経験可の求人もありますが、そこにはスキルを持った方もたくさん応募するからです。

具体的に身につけるべきスキルは何らかのプログラミング言語のプログラミングスキルです。

Web系なのでHTMLやCSSも重要ではあるのですが、プログラミングは特に適性が求められるため、こちらの方が重視されます。

また、単にプログラミングスキルを身につけるというだけではなく、スキルの証拠となる成果物を何かしら作っておいた方が採用されやすいでしょう。

ブランクを合理化する

経歴にブランクがある場合は避けられる傾向が強いです。

そのため、ブランクを合理化する言い訳を予め考えておく必要があります。

筆者の職場でも意味のない長いブランクがある方はそれだけで弾いています。

実際に何もしていない場合には後から合理化することは難しいかもしれません。

しかし、ブランクを合理化しないままで採用される可能性は極めて低いため、必ず納得される説明を考えておきましょう。

自社開発や受託開発の企業を選ぶ

未経験者がWebエンジニアに転職するのはハードルが高いです。

その理由は、基本的に企業は即戦力の人材を求めているからです。

そのため、未経験者の転職先は必然的に投資余力のある企業に限定されます。

そういった企業は自社開発もしくは受託開発の企業となるため、いずれかの企業を転職先に選びましょう。

なお、自社開発や受託開発の企業は非常に人気があるため、大手企業だけでなく、中小企業も視野に入れると良いでしょう。