ITエンジニアとWebエンジニアの違い【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

今回は、ITエンジニアとWebエンジニアの違いについて、実体験をもとに簡単に解説していきます。

ITエンジニア

ITエンジニアはITの全てを担当します。

開発だけでなく、運用や監視等も行います。

ITですと範囲が広いため、専門を持つケースがほとんどです。

例えば、Web系の開発を主に担当するITエンジニアがいるわけです。

ITの全分野に精通している人材は少ないため、駆け出しのエンジニアがITエンジニアを名乗るケースが多いと思います。

Webエンジニア

WebエンジニアはWeb系の全てを担当します。

主にWebアプリケーションの開発や運用、監視等を行います。

通常、フロントエンドとバックエンドの両者を担当できる方がWebエンジニアです。

例として、フロントエンドに特化している場合は、フロントエンドエンジニアと呼ばれることが多いです。

WebエンジニアはWebアプリケーションだけでなく、インフラも含めて担当するケースがしばしば見られます。

ITエンジニアとWebエンジニアの違い

ITエンジニアはITの全分野を担当するエンジニアです。

WebエンジニアはWeb系の分野を担当するエンジニアです。

そのため、両者の違いはWeb系に特化しているか否かになります。

一方、共通点としては、いずれも開発や運用、監視等を担当し得るということです。

ただし、ITエンジニアは初心者のエンジニアが自称することが多いため、必ずしも全分野に対応できる力を持っているとは限りません。