Webエンジニアに必要なインフラ知識【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

今回は、Webエンジニアに必要なインフラ知識について、実体験をもとに簡単に解説していきます。

サーバ

Web系の開発では最低限WebサーバとDBサーバが必要です。

WebサーバはPHPであればNginxかApache環境がOSSでは多いです。

DBサーバはOSSであればMySQL環境かPostgreSQL環境が一般的となります。

この他にもセキュリティのため、踏み台サーバを構築することもあります。

PHP環境でなければ、WebサーバからさらにAPサーバを分けて構築することがあります。

ネットワーク

Web系ではネットワークも重要となります。

ネットワークは簡単に言うと道路と言えます。

これを整備しないとWebサーバやDBサーバを使うことができません。

Webサーバの負荷を分散させる場合にはWebサーバを冗長構成にする必要もあります。

ネットワークに関しては、ルータやスイッチ等のネットワーク機器の知識も必要になってきます。

クラウドサービス

最近ではクラウドサービスがよく使われます。

クラウドサービスにはAWSやGCP、Azure等があります。

この中で最もよく使われているサービスがAWSになります。

AWSでは、Web系の開発であれば、EC2やS3といったサービスがよく使われています。

その他にもクラウドには簡単に使える便利なサービスがあるため、日頃からキャッチアップされると良いでしょう。