未経験なら自社開発ベンチャーのWebエンジニアがおすすめの理由【現役SE解説】

PROGRAM

今回は、未経験なら自社開発ベンチャーのWebエンジニアがおすすめの理由について、実体験をもとに簡単に解説していきます。

納期がない

自社開発ベンチャーには納期がありません。

顧客から発注されるクライアントワークではないからです。

そのため、未経験でいきなりハードワークという可能性は低いです。

自社開発ベンチャーではワークライフバランスが保ちやすい環境ということになります。

このことから自社開発ベンチャーは未経験の方のWebエンジニアとしての第一歩にはおすすめの場と言えます。

様々な経験が身につきやすい

ベンチャーのため、縦割りの仕事は少なくなっています。

つまり、様々な開発の仕事の経験することができるということです。

また、自社開発のため、自分たちで全て開発、管理することになります。

これにより、インフラも含め、幅広いWeb系の開発スキルを身につけらやすいと言えます。

反対に、組織が大きくなればなるほど、一般には自分の役割が限定され、積める経験も少なくなってしまいます。

モダンな開発環境で開発しやすい

自社開発ベンチャーは自分たちでプロジェクトを管理できます。

したがって、自分たちで開発に使う技術を決めることができます。

この場合、しがらみがないため、モダンな開発環境が採用されることが多いです。

例えば、AWSとDocker、Ruby on Railsの組み合わせ等で開発することができるというわけです。

新しい開発環境で開発の経験を積むことによって、自身の技術もアップデートすることができます。