20代未経験者のWebエンジニアへの転職の実態【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

今回は、20代未経験者のWebエンジニアへの転職の実態について、実体験をもとに簡単に解説していきます。

年齢的には歓迎

未経験者の募集のほとんどは20代向けです。

なぜなら、20代は若くて柔軟で未来があるからです。

また、賃金(投資)も低く抑えられるからという理由もあります。

特に20代の社会人経験のある方を企業側は欲しがる傾向があります。

社会人経験があれば、社会人としての基本的なマナー等の講習が不要となるからです。

適性と能力で評価

20代の未経験者は適性と能力で評価されます。

基本的にはそれ以外に評価しようがないからです。

適性と能力は重要で、仕事ができるかできないかに関わってきます。

また、これらは仕事のクオリティや人材としての伸びしろにも関わります。

わずかでも経歴がある場合には、業務に関連していれば、適性や能力の判断材料として評価されます。

学歴フィルタリングの可能性有

20代の未経験者は評価の判断材料が少ないです。

適性と能力も満足に読み取れない場合があります。

そこで学歴フィルタリングをかけられることがあります。

適性と能力は多かれ少なかれ学歴と比例しているからです。

実際に筆者も採用を担当した経験から、これは間違った基準ではないと思っています。