Webエンジニアのスキルアップの方法【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

今回は、Webエンジニアのスキルアップの方法について、実体験をもとに簡単に解説していきます。

空き時間に研究する

スキルアップにはある程度プライベートの時間を使う必要があります。

Webエンジニアのスキルは数年で廃れることもあるため、日頃の研鑽は大切です。

特にフレームワークはトレンドがよく変わるため、キャッチアップは欠かせません。

一日に何時間、というよりは、Qiita等の記事を見ながら、適宜自分の情報を更新するイメージです。

空き時間を使いたくないという場合には、仕事の時間の中で情報収集をする癖をつけると良いでしょう。

周りのことに首を突っ込む

自分の仕事だけでは磨けるスキルも少ないです。

職場で起きた様々な問題に首を突っ込めばそれだけ知識が増えます。

とはいえ、ただでさえ問題が多いのに他人のことなんてと思うかもしれません。

しかし、自分のことだけでは得られる知識が限られていることを自覚しましょう。

特にプライベートの時間を犠牲にせずにスキルアップするにはこうした心構えは非常に重要となります。

クラウドソーシングサイトで案件をこなす

空き時間でのスキルアップの学習は面倒と思うかもしれません。

そういう方にはクラウドソーシングサイトの案件をこなしてみると良いでしょう。

クラウドソーシングサイトの案件であれば、スキルアップと副業を同時に行うことができます。

こうすることで一石二鳥となりますし、クライアントとのコネクションもたくさん作ることができます。

ここで作ったコネクションによって、直接クライアントから受注することもできるようになり、自分の活動範囲を広げられます。