Webエンジニアのイメージと実際【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

今回は、Webエンジニアのイメージと実際について、実体験をもとに簡単に解説していきます。

Macを使うと思われているが…

Webエンジニアと言えばMacのイメージがあると思います。

もちろんMacを使って仕事をしているWebエンジニアは多いです。

しかし、Macは不可欠なものではなく、なくても仕事はできます。

実際に筆者はWebエンジニアですが、Windowsのマシンで開発をしています。

ただし、クライアントの検証で使うため、Macは職場に最低でも一つは必要です。

残業や休日出勤が多いと思われているが…

エンジニアと言えば多忙なイメージがあると思います。

たしかに残業や休日出勤が多い職場はあるかもしれません。

ですが、筆者の職場ではいずれもほとんどないという状況です。

理由としては、自社開発や受託開発を行う部署であるからと思われます。

自社開発や受託開発では、プロジェクトを管理できるため、スケジュールを自分たちで調整できるからです。

勉強しているイメージはないかもしれないが…

エンジニアは勉強しているというイメージはないかもしれません。

これはある程度人によるかもしれませんが、エンジニアには常に勉強が必要です。

例えば、フレームワークやクラウドサービスにはアップデートが頻繁に行われます。

古い技術でも仕事ができないことはないですが、それでは新しい機能をいつまでも使うことができません。

流行りの技術を使ったプロジェクトにも参加できるようにした方が機会損失を回避できるため、日頃のキャッチアップはしておくことが推奨されます。