高卒でもWebエンジニアになれる理由【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

今回は、高卒でもWebエンジニアになれる理由について、実体験をもとに簡単に解説していきます。

実際に高卒も多いから

高卒のエンジニアは多いです。

筆者の職場も半数近くが高卒の方で占められています。

ただし、筆者の職場の高卒の方は全員専門学校を出ています。

やはり技術職ですから、技術力のアピールがある程度必要になります。

また、大企業の場合には、中小企業とは異なり、大卒のエンジニアが多くなります。

学歴よりも適性が重要だから

エンジニアは学歴はあまり重視されません。

エンジニアは技術職であり、スキルや経験の方が重視されるからです。

もちろん入社時は皆未経験のため、学歴が参考にされることはあります。

しかし、プログラミングスキルや適性の方でカバーできる場合が多いです。

実際に高卒のエンジニアの数が多いわけですから、学歴はさほど重要でないことは明らかです。

プログラミングを覚えれば仕事になるから

エンジニアはプログラミングを覚えれば仕事ができます。

指示されたとおりにコードが書けるだけでも十分に仕事になるからです。

プログラミングを覚えるだけですので、高卒の方でも容易にできるというわけです。

そして、一度身に付ければ、あとはどの言語でも大体同じなので言語の切り替えもしやすいです。

注意点としては適性がないとプログラミングを覚えることが難しくなるため、自分に向いているかは把握しておく必要があります。