Webエンジニアとフロントエンドエンジニアの違い【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

今回は、Webエンジニアとフロントエンドエンジニアの違いについて、実体験をもとに簡単に解説していきます。

Webエンジニア

WebエンジニアはWeb系の開発の全てを担当し得る職業です。

フロントエンドとバックエンドの両方の開発を担当し得るポジションです。

また、開発の工程も要件定義から参加し、設計、製造、テスト、リリースまで担当し得ます。

Webエンジニアは、Web系の開発をオールラウンドにこなす必要があり、スキルも相当必要となります。

職場によっては、Webエンジニアはインフラの構築までを行うところもあるため、幅広い知識と経験が求められます。

フロントエンドエンジニア

フロントエンドエンジニアはWeb系の開発の目に見える部分を担当します。

目に見える部分とは、具体的には、HTMLとCSS、JavaScriptを使って開発する部分です。

フロントエンド開発はその性質上、クライアントサイド開発とも言われることがあります。

フロントエンドエンジニアは、Web系のフロントエンドに関する開発の全工程を担当し得ます。

そのため、インフラの構築等は行わず、フロントエンドのみの知識と経験だけが求められます。

Webエンジニアとフロントエンドエンジニアの違い

WebエンジニアはWeb系の開発の全てを担当し得ます。

一方で、フロントエンドエンジニアはWeb系の目に見える部分の開発だけを担当します。

両者の共通点はWeb系の開発の担当であり、大きな違いはバックエンドの開発を担当し得るかし得ないかです。

バックエンドの開発はPHPやJava、Ruby、Python等を使ったサーバ側の開発であり、インフラの構築も含む場合があります。

フロントエンドエンジニアは、その名のとおり、フロントエンドの開発しか担当しないため、サーバ側の開発を担当することはありません。