Webエンジニアがフリーランスになるメリット【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

今回は、Webエンジニアがフリーランスになるメリットについて、実体験をもとに簡単に解説していきます。

収入が上がる

フリーランスになると確実に収入が上がります。

会社にもよりますが、会社員時代と比べて倍以上になる方もいます。

一方で、Webエンジニアでも客先常駐の仕事が多いため、働き方はさほど変わりません。

働き方があまり変わらないままで、収入を上げることができる点が大きなメリットになります。

もちろん働き方は自分で自由に決められるため、客先常駐の仕事を選ばないという選択肢もあります。

雑用をさせられない

会社員の頃と違ってフリーランスは雑用をさせられません。

その理由は、もう会社に直接雇われている会社員ではないからです。

あくまである期間で限られた業務をするだけの契約となるため、無駄がなくなります。

ただし、与えられた業務をきちんとこなさないと、契約ができないというリスクもあります。

実力がある程度伴わないと厳しいですが、逆に実力のある人はフリーランスは向いていると思います。

経費として計上できる

会社員の頃はパソコンや本を買っても節税になりませんでした。

しかし、フリーランスは個人事業主のため、これらは経費になります。

経費になると所得税を節税することができるため、利益を増やせるようになります。

これは、逆に言うと、必要な物品は全て自分のお金で調達する必要があるとも言えます。

会社員時代と比べ収入が上がるのは、こういったものを経費で買う必要があるからでもあります。