Webエンジニアのフリーランスの案件【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

今回は、Webエンジニアのフリーランスの案件について、実体験をもとに簡単に解説していきます。

在宅案件

Webエンジニアのフリーランスの案件は比較的在宅でしやすいです。

その理由は、Web系ということで、遠隔でも操作できる仕組みがあるからです。

特に最近は新型コロナ感染症防止対策の一環で在宅でできる案件が増えています。

これらの案件の多くはもともと客先常駐の仕事が在宅でできるようになったというイメージです。

はじめは個人情報の持ち出しやコミュニケーション不足を懸念して在宅案件はあまり多くありませんでした。

客先常駐案件

客先常駐案件は最も多いフリーランスの案件です。

ただし、新型コロナ感染症が流行してからは在宅案件が多くなってきています。

客先常駐案件は、働き方としては、会社員時代にSESで仕事をしていたときとほぼ変わりません。

一方で、もらえる報酬は会社員時代とは異なり、人によっては当時の2倍以上の金額をもらえる方もいます。

完全在宅案件よりも単価が高いことが多く、スキルが求められる仕事が中心となるので、稼ぎやすい案件です。

クラウドソーシングサイト案件

クラウドソーシングサイトの案件も最近は多くなっています。

Webサイト上で気軽に受注することができ、在宅で仕事することができます。

しかし、報酬面はエージェントを経由して受注する案件よりもはるかに低いです。

主な理由は発注者と受注者の双方に素人が多く、素人価格となってしまうからです。

したがって、クラウドソーシングサイト案件はあくまで副業でこなされることの方が多いです。