フリーランスのWebエンジニアの在宅案件の割合【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

今回は、フリーランスのWebエンジニアの在宅案件の割合について、実体験をもとに簡単に解説していきます。

Web系の開発案件の在宅案件の割合は高い

Web系の開発案件は他の分野と比べて在宅案件の割合が高いです。

主な理由としては、遠隔で操作も行いやすいことが挙げられます。

対照的に、組み込み開発では、現場に行くことが求められています。

ただし、Web系でもセキュリティ対策によっては在宅が難しい場合もあります。

例えば、金融機関や公的機関のWeb系の開発案件では、在宅案件の割合は低いです。

クラウドソーシングサイトには在宅案件が多い

クラウドソーシングサイトには在宅案件が多いです。

一方で、こうした案件は客先常駐の仕事と比べると単価が低いです。

つまり、在宅の働きやすさを取るか、賃金を取るかの二者択一となります。

理由としてはクラウドソーシングサイトでは真のプロが求められていないことが挙げられます。

個人の素人が仕事を依頼しているケースも多く、受注者のスキルレベルも比較的低いこともあり、単価が低く抑えられています。

新型コロナウイルス感染症対策で在宅案件は増えている

従来、客先常駐だった仕事も最近では在宅の仕事にシフトしています。

これは、周知のとおり、2020年からの新型コロナウイルス感染症対策の一環です。

なかなか先が見通せないということから、在宅勤務という働き方が定着しつつあります。

実際に経営者の方に話を伺うと、状況が落ち着いても、基の働き方に戻さない方針のところが多いです。

今回の一件で、時代の変化が顕著にみられ、今後ますます、在宅案件は増えていく傾向にあると思われます。