Webエンジニアが楽ではない理由【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

今回は、Webエンジニアが楽ではない理由について、実体験をもとに簡単に解説していきます。

フレームワークが多い

Web系ではフレームワークが多いです。

JavaScriptにはVueやReact、AngularJS等があります。

バックエンドではPHPの場合、LaravelやCakePHP、Symfony等があります。

フレームワークは流行りが変わっていくため、常にキャッチアップが必要です。

それぞれで使い方も異なるため、覚えるべきことが多い点で苦労することになります。

セキュリティ対策が重要

Web系はセキュリティ対策が重要です。

不特定多数から攻撃を受ける可能性があるからです。

イントラ上にあっても、内部で悪さをされないように対策が必要です。

SQLインジェクションの他、XSSやCSRFといったWeb系特有の脆弱性に対しても対策をしなければいけません。

実際に筆者が運用しているWebサイトでも高い頻度で何らかの攻撃を受けているほどであり、Web系ではセキュリティ対策が確実に求められます。

レスポンシブデザインが必要

Web系ではレスポンシブデザインが必要となります。

レスポンシブデザインでは、端末によってデザインを変えます。

なぜこれが必要かと言えば、Web系ではPC以外にもタブレットやスマホの端末があるからです。

いずれの端末も画面のサイズが異なるため、全てが同じデザインでは可読性が低くなるわけです。

それぞれの画面サイズごとにスタイルシートを用意する必要があるため、それ相応に手間がかかります。