Webエンジニアの副業にクラウドワークスがおすすめの理由【現役エンジニア解説】

PROGRAM

今回は、Webエンジニアの副業にクラウドワークスがおすすめの理由について、実体験をもとに簡単に解説していきます。

Web系の案件が多い

クラウドワークスにはWeb系の案件が多いです。

これはクラウドソーシングサイト全てに言える特徴です。

Web系が人気でリモートの作業がしやすいからであると思われます。

逆に他の分野の案件はそこまで多くないため、探すのに苦労します。

Web系は安定して案件を見つけることができるため、副業に適しています。

小規模な案件が多い

クラウドワークスには小規模な案件が集まっています。

同業他社のランサーズにはもう少し規模の大きい案件が多い印象です。

小規模の案件の場合、オフの時間内で消化しやすいため、副業に適しています。

もちろん中規模以上の案件より報酬は減りますが、初心者にもおすすめできます。

まずは小規模の案件で実績を積み、余裕が出たら、中規模以上の案件も受けると良いでしょう。

営業力の欠点を補える

副業をする際は、案件の契約が課題になります。

実際に顧客との個人的なコネクションを持っている方は少ないでしょう。

クラウドワークスでは個人と法人両方のたくさんの案件が集まっています。

これにより、エンジニア側は案件を探しやすくなり、営業力の欠点を補えます。

ただし、競争が激しいため、案件を勝ち取るには単価を下げるか実績を多く積む必要があります。