Webエンジニアの会社の選び方【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

今回は、Webエンジニアの会社の選び方について、実体験をもとに簡単に解説していきます。

未経験の場合、研修期間が長いこと

未経験の場合、研修期間の長い企業を選びましょう。

できれば3ヶ月程度の研修期間の用意のある企業が望ましいです。

実際に筆者の場合も未経験で3ヶ月間、Webプログラミングを学びました。

研修とはいえ、ほぼ自己学習期間となるため、もちろん学習意欲は必須となります。

参考までに、SESでは研修期間を長く取ることは無理なため、後述するタイプの企業を選ぶと良いでしょう。

自社開発企業もしくは受託開発企業であること

自分たちでプロジェクトをコントロールできる企業を選ぶと良いでしょう。

具体的には、自社開発企業や受託開発企業のことで、客先で働くSESは避けることが望ましいです。

自分たちでプロジェクトを管理できることで、自由に使う技術を決められ、スキルアップも容易となります。

また、未経験の場合には、自社開発企業や受託開発企業の方が研修期間を長く取ることができるため、おすすめです。

これらの企業では、将来的にも自社内のマネジメント職に就ける可能性も高いため、キャリアパスも見えやすくなっています。

未経験の場合、少人数のチーム開発の体制であること

未経験の場合には、とにかく開発の全工程の経験を積むことが肝要です。

そのためには、少人数のチーム開発の体制を取っている企業を選ぶべきです。

人数が多いと、永遠と同じ工程だけを任され、成長できない可能性が高いためです。

筆者の場合は、チームではなく一人で一つのプロジェクトを任されたため、短期間で一気に経験を積むことができました。

スキルアップは早ければ早いほど、会社から重宝されるうえに賃金も上がるため、未経験の場合は、早く一人前になれる環境を選ぶと良いでしょう。