コーダーとWebエンジニアの違い【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

今回は、コーダーとWebエンジニアの違いについて、実体験をもとに簡単に解説していきます。

コーダー

コーダーとはHTMLとCSSを書く人のことです。

それも指示されたとおりに書く場合が多いです。

コーダーはプログラマーと同義とする場合もありますが少数派です。

プログラマーはHTMLとCSSだけでなく、プログラミングも担当するからです。

コーダーはあくまでフロントエンドのデザインだけのコーディングをする人のことを指します。

Webエンジニア

WebエンジニアはWeb系の全てを担当し得る人のことです。

フロントエンドもバックエンドも全てを担当できる必要があります。

言語としては、HTMLとCSS、JavaScript、SQL、PHPやJava、Ruby等を扱います。

指示されたとおりに動く場合もありますが、自分で設計をしてコーディングすることも多いです。

フロントエンドだけ担当する人はフロントエンドエンジニア、バックエンドだけ担当する人はバックエンドエンジニアと呼ばれることが一般的です。

コーダーとWebエンジニアの違い

コーダーはHTMLとCSSを書く人を指します。

WebエンジニアはWeb系の全てを担当し得る人のことを指します。

両者の大きな違いは、担当がデザイン部分だけかそうでないかです。

一方で、両者の共通点は、デザイン部分を担当しているということです。

コーダーは受動的に開発の仕事をしますが、Webエンジニアはそれよりかは能動的に開発の仕事をするイメージが強いです。