Webエンジニアのキャリアパス【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

今回は、Webエンジニアのキャリアパスについて、実体験をもとに簡単に解説していきます。

技術職

Webエンジニアは技術職です。

技術職のままキャリアを成長させることが最も現実的です。

そのままWebエンジニアとして現場で働ていくことも選択肢の一つです。

キャリアを変える場合には、インフラ系のエンジニアになることができるでしょう。

また、Web系だけでなく、より専門の範囲を広くして、フルスタックエンジニアになって価値を高めることもできます。

管理サイド

技術職では昇給の範囲に限界があります。

管理サイドのキャリアに転向することで報酬が上がります。

例えば、プロジェクトリーダーやプロジェクトマネージャーです。

これらの仕事ではプロジェクトやメンバーを管理する仕事になります。

管理サイドの仕事は複数の人を使う仕事のため、稼ぎやすいというメリットがあります。

フリーランス

フリーランスになるWebエンジニアは多いです。

Web系の開発自体、案件の数が多いため、営業面でも難易度が低いだからです。

フリーランスになることで月給が2倍以上になる方も多く、報酬面で改善されます。

Webエンジニアでフリーランスになる方は、そのままコードを書き続ける方が多い傾向が強いです。

ただし、フリーランスでは、案件を取れず、無給の期間が発生する可能性もあるため、リスクの管理をする必要があります。