50代以降もWebエンジニアとして働くコツ【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

今回は、50代以降もWebエンジニアとして働くコツについて、実体験をもとに簡単に解説していきます。

単価を下げる

50代になると案件が取りづらくなってきます。

主な理由としては単価が高くなってしまうためです。

また、年上の部下を持つことを嫌がる方が多いことも挙げられます。

そのため、案件を取るためには、単価を下げることが最も有効な方法となります。

若い方と単価を同一にするか安くすることで、選定される確率を少しでも増やすことができます。

ベテランとして参加

50代の魅力は豊富な知識と経験です。

何でもできるベテランとしてプロジェクトに参加すべきです。

どのプロジェクトでも、ベテランは最低でも一人は欲しいものです。

一方で、メインで手を動かす要員としては参加しづらいと考えるべきです。

おそらく上司も年下となるので使いづらいと思われてしまうため、サポート役に回るようにしましょう。

新しい技術のキャッチアップ

一般に人間は年を取ると頑固になります。

しかし、古い技術にいつまでも固執すると時代についていけなくなります。

したがって、新しい技術のキャッチアップをするように常に心がけましょう。

技術力の低い若年層だけでなく、50代の方についても技術の更新が重要となります。

キャッチアップを怠らないことで、より多くのプロジェクトの参加資格を得ることができます。