Webエンジニアは30代でフリーランスになるべきか【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

今回は、Webエンジニアは30代でフリーランスになるべきかについて、実体験をもとに簡単に解説していきます。

安定よりも高給を取るならフリーランスに

フリーランスでは給料アップを狙えます。

中には月給が正社員時代の2倍になる方もいます。

一方で、フリーランスになると案件が取れない場合もあります。

このようなブランクはリスクですので、常に備えておく必要があります。

正社員時代の安定をある程度犠牲にしてでも、高給を取りたい方にはフリーランスはおすすめです。

管理職になれるならフリーランスにならない選択肢も

一般に管理職になれば給料は上がります。

また、現場で仕事をすることも少なくなります。

人を管理する仕事の方が向いている場合には管理職はおすすめです。

管理職になれないと技術屋として続けていくには、給料が上がりにくく、厳しいです。

管理職になれるかなれないかを一つの目安として、フリーランスになるかならないかを決めても良いでしょう。

開発がつらいと感じるならフリーランスにならず別の職種に転職

開発がつらいと感じ始めている方も多いと思います。

実際に筆者もアラサーであり、開発がつらいと感じています。

このような場合には社内SE等の別の職種に転職すると良いです。

フリーランスになると、開発の仕事がメインとなってしまうからです。

開発の仕事が楽しいと感じている方にとっては、フリーランスになって開発を続け、給料を上げていくことをおすすめします。