WindowsとMacのどちらでWeb開発すべきか【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

今回は、WindowsとMacのどちらでWeb開発すべきかについて、現場の視点で簡単に解説していきます。

ネット上の情報はMacが多め

最近のWebエンジニアはMacを使っていることが多いです。

そのため、ネットに出回る情報もMacのものが多くなっています。

とはいってもWindowsの情報もないわけではないので、初心者でもない限りはそれが致命的になることはないと思います。

仮想環境はどちらでも作れる

WindowsとMacいずれにしても仮想化による開発環境の構築が通常必要です。

いずれのOSを使っているとしても、完全仮想化やコンテナ仮想化は可能です。

コンテナ仮想化もWindowsにはかつて難がありましたが、Windows Subsystem for Linux2(WSL2)が入っていれば問題ないでしょう。

不特定多数のユーザの場合は検証で両方必要

不特定多数のユーザを想定する場合、あらゆる端末やブラウザで検証が必要です。

これにはWindowsやMacは当然のことながら、AndroidやiOSさえも必要となってきます。

ただし、使用する端末やブラウザを限定したWeb開発の場合には、この限りではありません。