Web開発とWeb制作の違い【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

今回は、Web開発とWeb制作の違いについて、現場の視点で簡単に解説していきます。

Web開発とは

Web開発とはWebアプリケーションの開発のことです。

Webアプリケーションとは、プログラミングを駆使したWebサイトのことです。

例えば、FacebookやInstagram、TwitterのようなWebサイトのことを指します。

Web制作とは

Web制作とはホームページの作成のことです。

ホームページとは、プログラミングがないもしくは最低限しかないサイトのことです。

例えば、企業の会社概要等のページがあるような公式サイトはホームページと呼びます。

Web開発とWeb制作の違い

Web開発はプログラミングによる動的ページのあるWebサイトの開発です。

一方で、Web制作は単なる静的なページを中心とするWebサイトの制作です。

両者ともWebサイトという点では共通ですが、動的ページか静的ページかが両者の違いとなります。