Web開発でVSCodeが使われる理由【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

今回は、Web開発でVSCodeが使われる理由について、現場の視点で簡単に解説していきます。

Visual Studioを使ったことがある人がいるから

エンジニアであれば一度はVisual Studioを使ったことがある方は多いと思います。

VSCodeはご存知のとおり、統合開発環境であるVisual Studioのエディタ版であり、Web開発でよく使われています。

Visual Studioを使ったことがあれば、使いやすいと感じている方も多いはずのため、そのままエディタでもVSCodeが採用されることがあるのでしょう。

Microsoftが開発しているから

VSCodeはMicrosoftが開発しています。

そのため、Web開発でTypeScriptを使う方はVSCodeを選択される方が多いでしょう。

また、Microsoftというだけで信頼性が高いと感じる方もいるため、エディタとしてVSCodeが採用されることがあります。

拡張機能が入れられるから

VSCodeはメモ帳のようなエディタとは異なります。

Web開発においても様々な拡張機能を入れられ、より開発を行いやすくなっています。

こうした機能は、例えば、入力補完やコードの整形といったサポートを行ってくれます。