ベンチャー企業のWeb開発【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

今回は、ベンチャー企業のWeb開発について、現場の視点で簡単に解説していきます。

フルスタックエンジニアが多い

ベンチャー企業は当然社員数が少ないです。

そのため、一人で何でもできるフルスタックエンジニアが多いです。

ベンチャー企業のWeb開発では、Web開発に関するあらゆる技術的なスキルを身に付けられる可能性が高いです。

自分たちで直接開発することが多い

ベンチャー企業のWeb開発では自分たちで開発することが多いです。

派遣や業務委託、外部の開発会社を使うシーンはあまり見たことがありません。

したがって、ベンダー管理等のマネジメント能力よりかは、開発の技術力を伸ばす方が向いています。

自社開発のみならず業務委託契約での開発を行う企業も多い

ベンチャー企業のWeb開発というと自社サービス開発をイメージされる方が多いと思います。

しかし、自社サービス開発だけでなく、業務委託契約による開発の仕事をしている企業も多いです。

いずれにしても社内で開発できる場合であれば、少人数での開発となるので、技術的なスキルアップのしやすさがあります。