Web開発で最低限必要とされるツール【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

今回は、Web開発で最低限必要とされるツールについて、現場の視点で簡単に解説していきます。

エディタ

Web開発をする上でエディタは必須です。

OS標準のものでも使えなくはないですが、一般的には他のものを使います。

例えば、Visual Studio CodeやAtomといったエディタがWeb業界では人気です。

仮想化ツール

Web開発では自分のPCに開発環境(サーバ)を作ることが多いです。

その際、多くの場合でLinux等の別の環境を作るために仮想化を行います。

コンテナ型仮想化であればDocker、ホスト型仮想化であればVirtualBoxといったものがよく使われます。

バージョン管理ツール

Web開発ではバージョン管理をするケースがほとんどです。

この際に使われるツールの多くはGitというバージョン管理ツールです。

GitHubというGitを用いたバージョン管理のWebサービスを使うことも多いです。