Web開発とソフトウェア開発の違い【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

今回は、Web開発とソフトウェア開発の違いについて、現場の視点で簡単に解説していきます。

Web開発とは

Web開発はWebアプリケーションの開発のことです。

Web開発ではクライアント側とサーバ側の開発に分かれる点が大きな特徴です。

クライアント側ではHTMLとCSS、JavaScriptを、サーバ側ではJavaやPHP、Ruby、Pythonといったプログラミング言語に加え、SQLのデータベース言語を使って開発することが一般的です。

ソフトウェア開発とは

ソフトウェア開発はソフトウェアやアプリケーションの開発のことです。

ソフトウェア開発には様々なカテゴリがありますが、プログラミング言語で開発される点は共通です。

JavaやC#、Pythonといったプログラミング言語に加え、SQLのデータベース言語を使って開発を行うことが多いです。

Web開発とソフトウェア開発の違い

Web開発はWebアプリケーション(ソフトウェア)の開発です。

ソフトウェア開発はあらゆるソフトウェアの開発を指します。

ソフトウェア開発はカテゴリを限定しませんが、Web開発はWeb系のアプリケーションソフトウェアにカテゴリを限定しています。