Web開発で使われるサーバーサイドの言語【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

今回は、Web開発で使われるサーバーサイドの言語について、現場の視点で簡単に解説していきます。

PHP/Ruby/Python

PHPやRuby、Pythonはよく使われるWeb系のサーバーサイドの言語です。

特にRubyに関してはスタートアップでの採用率がとても高く、日本では人気です。

これらの3つの言語はいずれもインタプリタ言語で、コンパイルが不要で手間が少ないです。

Java/C#/VB.NET

JavaやC#、VB.NETはWeb系のサーバーサイドの言語でもあります。

いずれもWeb系以外で使われることがありますが、C#とVB.NETはWeb系ではASP.NETで動作させられます。

これらの3つの言語はいずれもコンパイル言語であり、インタプリタ言語よりも処理速度が速くなります。

JavaScript

JavaScriptはWeb系のサーバーサイドでも動かせる言語です。

サーバーサイドのJavaScript実行環境として有名なものはNode.jsです。

インタプリタ言語のため、コンパイルの手間がなく、さらにフロントエンドの技術者が言語を変えずにサーバーサイドの技術者になることができます。