Web開発エンジニアになるためにスクールに通う意味【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

今回は、Web開発エンジニアになるためにスクールに通う意味について、現場の視点で簡単に解説していきます。

実践的スキルを身に付けやすい

スクールに通うことでWeb開発の実践的スキルを身に付けやすいです。

独学よりも効率よく学習できるようにカリキュラムが練られているためです。

現役エンジニアが講師を務めているスクールも多く、学習に良い環境が手に入ります。

スクールのコネクションを利用できる

スクールは実践的スキルを持った人材を輩出し、その多くは就職します。

そのため、スクールには、大企業を含め、企業とのコネクションがあります。

このコネクションを利用することで、利用しないよりも、スムーズに入社できる可能性が増します。

自分の作品を作ることでポートフォリオに載せられる

ほとんどのスクールではプログラミングで自分の作品を作ります。

ここで作った作品はポートフォリオに実績として載せることができます。

ポートフォリオは就職時に自分のスキルを証明するものとして役に立ちます。