Web開発におけるRuby【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

今回は、Web開発におけるRubyについて、現場の視点で簡単に解説していきます。

ベンチャー企業でよく使われる

Rubyはベンチャー企業のWeb開発で選定されることが多いです。

主な理由としては、Ruby on Railsで高速開発ができるためです。

そして、このRuby on RailsがRubyを使う大きなメリットの一つのため、フレームワークを使われないこともほぼありません。

使われるフレームワークはほぼRuby on Rails

よく使われるRubyのフレームワークはほぼRuby on Railsです。

Sinatra等のフレームワークもありますが、実際にはRuby on Railsばかりです。

また、日本ではRuby on Railsが代表的なWeb開発のMVCフレームワークということもあり、人材を集めやすいという理由もあります。

最近ではPHPのLaravelやPythonのDjangoが使われるケースもある

日本ではWeb開発のMVCフレームワークといえばRubyのRuby on Railsでした。

しかし、最近では、PHPのLaravelというMVCフレームワークが使われる機会も増えました。

さらに、AIとの関係性からPythonを選ぶ現場もあり、この場合はMVT(ほぼMVC)フレームワークのDjangoが選定されることが多いです。