Web開発のレスポンシブデザイン【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

今回は、Web開発のレスポンシブデザインについて、現場の視点で簡単に解説していきます。

レスポンシブデザインとは

Web開発のレスポンシブデザインとは画面のサイズによって変わるデザインのことです。

具体的にはCSSを、様々なデバイスを想定して、画面サイズごとに用意している形となります。

CSSを分けているということが重要で、デバイスによってページ自体が異なるものはレスポンシブデザインとは呼びません。

レスポンシブデザインのメリット

Web開発のレスポンシブデザインのメリットはページが一つという点です。

ページが一つであれば、修正する際も一つだけで済ませることができます。

また、URLが一つだけになるため、デバイスごとにURLを切り替える必要もありません。

レスポンシブデザインのデメリット

Web開発のレスポンシブデザインのデメリットはデザインの難しさにあります。

CSSをデバイスごとに用意しますが、HTMLは同一のため、それぞれデザインを大きく変えることはできません。

そして、同じHTMLの中でデバイスによってデザインに差を生もうとすること自体に工数がかかってしまいます。