Web開発の依頼先【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

今回は、Web開発の依頼先について、現場の視点で簡単に解説していきます。

SES・派遣会社もしくは客先常駐個人

自社で開発するのにエンジニアが足りない場合はSES・派遣会社もしくは客先常駐個人を使います。

これには、業務委託契約もしくは派遣契約といった2つの契約に基づいた人材の確保の方法があります。

前者では指揮命令権はクライアントにはないため、直接指示したい場合は指揮命令権が持てる派遣で人材を確保しましょう。

システム開発会社

開発を他社に丸投げする場合には業務委託契約に基づき、システム開発会社を使えます。

システム開発会社は中小から大企業まで様々な規模がありますが、開発の規模によって選定されると良いでしょう。

例えば、大規模の開発でしたら、中小のシステム開発会社ではリソースが不足していることが多いため、大企業にお願いすることになることもあります。

クラウドソーシングサイトのランサー

コストを抑える場合はクラウドソーシングサイトのランサーに業務委託契約で依頼することになります。

クラウドソーシングサイトは基本的には、個人のランサーが多いため、比較的安く仕事をしてもらえます。

一方で、個人ゆえに、システム開発会社のように成果物への安心感が得られないことが多いため、よくランサーを見極め、別途契約を交わす等、注意する必要があります。