未経験者可のWeb開発の求人の注意点【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

今回は、未経験者可のWeb開発の求人の注意点について、現場の視点で簡単に解説していきます。

適応できるかは自分次第

未経験者可の求人の多くには研修期間があります。

しかし、OJTのところも多く、意識が低いと脱落する可能性が高いです。

学習する人はあくまで自分自身のため、研修期間中にWebアプリを開発できるように目標を立て努力しましょう。

SESの可能性が高い

未経験者可の求人はSESの可能性が高いです。

SESとは客先常駐のことで、カーストの低い仕事をさせられます。

SESでは仕事を通じたスキルアップが難しいことが多いため、できれば自社開発の求人を探しましょう。

スキル持ちが優遇

未経験者可の求人であってもスキル持ちが応募してきます。

当然、企業側はコストがかからないスキル持ちを優遇します。

したがって、可能であれば独学やプログラミングスクール等でWebアプリを作り、ポートフォリオを作れるようにしておくと良いでしょう。