Web開発エンジニアの志望動機【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

今回は、Web開発エンジニアの志望動機について、現場の視点で簡単に解説していきます。

差別化は難しい

志望動機の内容はどの応募者も大差ありません。

たいていの場合、もっともらしいことを書いているだけです。

そのため、志望動機は無難な内容であれば、さほど気にする必要はありません。

筋が通っていれば良い

もちろん志望動機が全く見られないわけではありません。

会社との縁をつなぐものであるので、納得されるものでないといけません。

したがって、筋が通るように、自分なりのエピソードを考えておくと良いでしょう。

採用担当はむしろ志望動機以外の要素を気にする

採用担当は志望動機よりむしろ他の要素を気にしています。

例えば、学歴や筆記試験の結果、業務経歴の方がよっぽど評価されます。

特に、未経験でしたら学歴や筆記試験の結果、経験者であれば業務経歴が重視されることが多いです。